貧テック ~貧しい中で如何に生き残るか~

少しだけリッチになるために、様々な貧テックを紹介。

ANAマイルを貯める その8.

貧テック Part.1「ANAマイルを貯める」その8.になります。

 

年間21万6千マイル(216,000マイル/年)を貯める貧テックについては、「ANAマイルを貯める」その1.~6.で紹介しました。


毎月1,000~2,000マイルを貯める貧テックについては、「ANAマイルを貯める」その7.でも紹介しましたが、同じく毎月1,000マイルを貯める方法をご紹介します。

 

アンケートモニターにてアンケート回答を行いポイントを貯める方法です。

アンケートモニタのサイトでアンケートに回答してポイントを貯めて、ポイント交換サイトを経由して、メトロポイントへ交換します。

 

f:id:hintech:20170725234749p:plain

 

アンケートモニタを幾つか試して見ましたが、アンケート回答で得られるポイントから、ANAマイルを貯めるのに最も効率が良いと判断したのは、「マクロミル」となります。

 

もちろんマクロミルの登録は以下のリンクから実施してください。ポイントがもらえます。

アンケートモニター登録

 

マクロミルは、ネットリサーチ(インターネット調査)国内No.1の企業です。

リサーチ事業としては、年間取引社数2,000社以上、年間調査受託件数20,000件以上にのぼるとのことで、そもそも毎日(実際には平日のみですが)のアンケート依頼数がもっとも多いです。

他のアンケートモニタは、そもそもアンケートの依頼数が少ない場合が多く、そもそもアンケートが来なければポイントが獲得できないため、依頼のくるアンケート数が重要です。

 

数秒で答えられるものから、数分掛かるものまであり、付与されるポイントも異なります。

実際のマクロミルからPeXのポイント交換履歴をみてもらうと一目瞭然ですが、だいたい月に1,000ポイントが貯まります。

 

f:id:hintech:20170726000014p:plain

 

マクロミルのポイントは、直接メトロポイントやANAマイルへ交換ができないため、ポイント交換サイト(PeX)を経由してメトロポイント→ANAマイルへ交換を行うことになります。

 

また、マクロミルのポイントは有効期限はありません。年に1回マクロミルのモニタの方全員を対象に一斉登録情報の更新の依頼があり、その登録情報更新の依頼期間内に、登録情報の更新を行わないとポイントが失効することになります。

2017年度の更新期間は、2017年4月13日(木)~6月27日(火)でした。

 

f:id:hintech:20170726000735p:plain

マクロミルからPeXへの交換は、リアルタイムで実施され、マクロミルの1ポイントは、PeXの10ポイント(10倍)になります。
※ここで、ぬか喜びしてはダメです。PeXからメトロポイントに交換する際は、1,000p→100P(1/10)になりますので、結局、マクロミルのポイントは、メトロポイントのポイントと等価交換です。

 

なお、PeXは現在友達紹介は実施していませんので、直接サイトから会員登録を行って下さい。

f:id:hintech:20170726001252p:plain

ポイント交換のPeX

 

f:id:hintech:20170726001539p:plain

PeXからメトロポイントの交換については、残念ながら交換手数料が発生します。500P(マクロミル・メトロポイントの50ポイント)が交換の度に必要となりますので、ある程度まとめて交換することをオススメします。

また、交換単位は1,000P(マクロミル・メトロポイントの100ポイント)となります。

マクロミルの1,000ポイントは、PeXの10,000P(10倍)となりますが、500Pが交換手数料として発生するため、PeXで10,000Pしか無い場合は、9,500Pの内、9,000Pしか交換することができません。

 

ただし、PeXについては毎日ログインするだけで、連続ログインボーナスや、毎日チャレンジといったPeX自身でポイントが貯まる仕組みがあるため、マクロミルのアンケート回答をするのと合わせて、PeXへログインし、毎日チャレンジを実施すれば、交換手数料については稼ぐことができます。

 

ちなみに、PeXからメトロポイントの交換も、毎月15日が締め日になっており、15日までに申請したのものは、翌月11日に交換が完了する仕組みです。

 

ということで、マクロミルでマメにアンケートを答えて、毎月1,000マイル(年12,000マイル)を貯める貧テックをご紹介しました。

いや~結局マメさが重要。

 

以上となります。